English

MEME ミーム

これからの“感じ”-を探りに行こう

東京都現代美術館では、明日(2011.10.29)から、「建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”」と銘打った展示会が始まります。
東京は、日本は、これからどんな表情を世界に向けて見せて行ってくれるのでしょう?
さまざまな建築家やアーティストたちが、ユニークな持論を繰り広げてくれる「展示会」になるのではないかと、私はなんとなく予想しています。ワクワクです
東京大学名誉教授であり、京都駅や札幌ドームの建築で知られる原広司先生が、この展示会のために語り降ろしたレクチャーを、アーティストでプロデューサーのローランド・ハーゲンバーグ氏が映像作品にまとめ上げました。それが会場内の大型画面で、繰り返し上映される予定です。
私は、レクチャーの英訳、展示用ラベルの日本語訳でお手伝いさせていただきましたが、原先生の哲学と、そこからつながって行く未来像に触れる体験は、感動の連続でありました。
先生のレクチャーを、まるで青空教室に集まった子どもたちのように、一生懸命聞いているのが、西沢立衛、槻橋修、妹島和世といったそうそうたるメンバーであるという点も、見所のひとつかと思います。
MOT
3月に大きな地震があって、そのあとも世界のどこを見渡しても、なんだか元気がなくなるようなニュースが多くて…というのが大方の空気、のような感じがしていたのですが、いや、ちょっと待てよ-と、ここ半年の自分の仕事の内容を振り返ると、なんだか、世界でいちばん夢を持っていて、考えることを絶対に止めなくって、力を出して前進し続けているのって、日本が一番、そういう環境にあるのではないかって、思っています。
通訳・翻訳の仕事は、出島の茶店の女将のようなもので(茶店があったがどうかは知りませんが)、日本に入ってこようとするもの、日本から発信しようとするものの往来が目の前で繰り広げられるので、自分はその道のエキスパートでなくても、エキスパートな人たちの言葉を直に浴びてしまう立場です。それが、いろんな分野にわたります。
で、女将が思うには、日本はすべての面で世界のトップになって久しいのだけれど、日本人というのは、絶対に努力を止めない人たちなんですね。
そんな日本人を、あらゆる外国人は頼りにしています。もう、これは絶対そう。おんぶに抱っこなんです。
だから、「英語ができないからダメなんだ」とかなんとかよく聞きますけど、私は全然そんなふうには思いません(勉強さぼっていいってことじゃないですよ!)。
皆さん、英語できなくないですし、「いやいや全然ダメで」って言ってるわりにはちゃんとどうにかなってます。
むしろ、日本特有のモノリンガルさが(それを装うことが)、最後の砦としてこの国を守ってくれてるんじゃないかと感じてしまうこともあるほどです。
いいんじゃないでしょうか? 日本が提案する未来。見に行ってみましょう。
芸術の秋は、美術館へGOですよ!

なりたいのは建築家―24 ARCHITECTS IN JAPAN なりたいのは建築家―24 ARCHITECTS IN JAPAN
(2011/06)
ローランド ハーゲンバーグ

商品詳細を見る
最近は「マルチメディアアーティスト」という肩書きをつけられることが多い、ローランド・ハーゲンバーグ。彼の鋭い感性が、日本にフォーカスされていることは、日本にとってとても幸運なこと。

どうせ行くならスゴイ船旅?

翻訳プロジェクトのお得意様のなかにオーシャン・ドリームさんという、素敵な船旅のスペシャリストがいらっしゃいます。
こだわりのクルーズでナイル川を旅したり、さまざまな個性あふれる船旅をご紹介くださる会社です。
オーシャン・ドリームさんからの翻訳プロジェクトは、いつも私たち翻訳者までも、しばし「夢のクルーズ」へと誘ってくれます。
北極、南極への旅があったかと思えば、ヨーロッパの田舎を川から川へとのんびり巡る不思議な旅があったりします。
川の「旅」といえば、私の個人的な体験としては、いつか出雲に旅行にいった時に家族で乗った「ぐるっと松江堀川めぐりくらいしか思いつきません。もちろん、こちらはこちらでとてもナイスなのですが、
ぐるっと松江
オーシャン・ドリームさんのおすすめしている「川下り」は、ちょっとスケールが違うみたいなんです
DownloadedFile-1.jpeg
何年か前に京都に旅行した時、ローカルなお友達に「河床」というのに連れて行ってもらい、その涼しさにびっくりしたのを思い出しました。川面の近くまで降りて行くと、冷房の効いた部屋に足を踏み入れた時くらいに急に涼しくなって、本当に快適なんです!
川の旅って、ずっとそんな感じの状態が続くって考えればいいのかなあ。
夏休み、旅する人々のニュースが多く聞かれます。
皆さんも、次の旅の企画のときには「川」を主役に考えてみるのもありかも、ですね!


Sea Dream VOL.13―海へ The Magazine for Your Marine Life (KAZIムック) Sea Dream VOL.13―海へ The Magazine for Your Marine Life (KAZIムック)
(2011/06/30)
不明

商品詳細を見る

芸術の秋は以外とすぐそこに

猛暑に負けて、ブログの更新もサボりがちであります。よろしくないですね! 頑張って行きましょう~
ということで、思いを三箇月ほど先に送ってみましょう。ところは六本木、サントリー・ホール。
今年も、ウィーン交響楽団の素晴らしい音楽が日本にやってきます!
まさにこれは芸術の秋…. 頬にあたる風も、ちょっぴり冷たくなってきました…。
ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2011
第一生命 presents
クリストフ・エッシェンバッハ指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
今年は、2011年10月13日(木)、10月17日(月)、10月19日(水) 各日とも19:00開演です!
(12日は横浜公演もあります)
当方、いつもの裏方、黒子の通訳としましては、当イベントに関わるさまざまな印刷物の英文をご用意いたしたりなどしております。ちょっと取り澄まして、正式な感じで英文の手紙を書いてみるのも、たまには素敵なものです。背筋が伸びて、一瞬、やんごとなき気分。
今年はゲストとして中国人ピアニスト、ランランさんも来日。
今日は、彼のアメイジングな演奏のビデオをどーぞ。
リストで涼やかに~